丹波

  • 印刷
大ぶりの花びらをしっとりと垂らすハナショウブ=三ツ塚史跡公園
拡大
大ぶりの花びらをしっとりと垂らすハナショウブ=三ツ塚史跡公園

 梅雨入りを前に、兵庫県丹波市市島町上田の三ツ塚史跡公園で約2千株のハナショウブが満開を迎え、あでやかに花を揺らしている。管理する同市教育委員会によると、今年は開花が遅めで6月中は楽しめそうという。

 同公園は白鳳時代に建てられた寺院の跡で、1987年に公園として整備された。敷地内のハナショウブ園(約1600平方メートル)には、紫や紺、まだら模様など多品種が植わる。毎年、見頃に合わせて地元住民らが祭りを企画しており、今年は2日に開催した。

 ハナショウブを目当てに他府県から足を運ぶ人も多く、京都府南丹市から訪れた写真愛好家の男性(68)は「無数のハナショウブの中から、特に美しく咲く花を探して撮りたいんです」と夢中でカメラを構えていた。同市教委TEL0795・70・0819

(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ