丹波

  • 印刷
学んだポイントをもとに礼状を書いてみる生徒たち=今田中学校
拡大
学んだポイントをもとに礼状を書いてみる生徒たち=今田中学校

 兵庫県丹波篠山市内の中学校でこのほど、郵便局長による手紙の書き方講座が開かれた。中学2年生の就業体験「トライやる・ウィーク」でお世話になった受け入れ先に送る礼状のポイントなどを学ぶためで、生徒たちは真剣な表情で前文や主文の書き方などを学んだ。

 この講座は3年前、西古佐郵便局が手紙文化の普及につながればと企画。丹南中学校に実施を提案したところ、教員から「礼状の指導をしてもらえないか」と依頼され、取り組むことになった。昨年からは同市内の全中学校で実施しており、各地域の郵便局長らが講師を務めている。

 11日は今田中学校(同市今田町今田新田)で開かれ、2年生23人が参加。今田郵便局長と古市郵便局長が講師を務めた。今田郵便局長の大前光さんは「礼状には、仕事を通して感じたことや今後の自分の決意を書く。そして1番大切なのは丁寧に書くこと」などとアドバイス。また、郵便局に関するクイズも出題され、生徒たちは手紙や郵便への理解を深めたようだった。

 介護施設で就業体験した男子生徒(13)は「トライやる・ウィークでお世話になった利用者さんたちに感謝をいっぱい伝えたい」と張り切っていた。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ