丹波

  • 印刷
急性期基幹病院として役割を果たせるように室数や面積を増やした手術室=丹波市氷上町石生
急性期基幹病院として役割を果たせるように室数や面積を増やした手術室=丹波市氷上町石生

 兵庫県立柏原病院と柏原赤十字病院が統合し、7月1日に開院する県立丹波医療センター(丹波市氷上町石生)で15日、同センターと市健康センターミルネの開設記念式典が開かれた。県や市、神戸大学など関係者約170人が出席し、両病院の深刻な医師不足を乗り越えての再出発を祝った。見学会もあり、多くの地域住民が最新の設備がそろった院内などを見て回った。(藤森恵一郎)

 式典で、丹波医療センターの秋田穂束院長は「“世界標準の医療”をキーワードに、田舎であっても最高の医療が受けられる体制をつくっていく」とあいさつ。医学教育に力を入れることから「地域医療を目指す人たちが全国から集うような病院になってほしい」と語った。

丹波の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ