丹波

  • 印刷
ジャガイモの収穫に挑戦する子どもたち=丹波篠山市藤岡口
拡大
ジャガイモの収穫に挑戦する子どもたち=丹波篠山市藤岡口
ジャガイモの収穫に挑戦する子どもたち=丹波篠山市藤岡口
拡大
ジャガイモの収穫に挑戦する子どもたち=丹波篠山市藤岡口

 都会の子どもに農村の魅力を感じてもらう「親子収穫体験ツアー」が23日、兵庫県丹波篠山市藤岡口の畑などであった。神戸市の親子連れら約120人がジャガイモ掘りに挑戦し、泥まみれになりながらメークイン約200キロを収穫。子どもたちは、地元住民とカレーを食べて交流したほか、夢中で昆虫やカエルを追いかけ、のどかな里山の休日を満喫した。

 ツアーは、都市部と農村の交流事業として、水道筋商店街協同組合(神戸市灘区)が2010年から開催しており、毎回完売するほどの人気を集めている。

 大型バス2台で訪れた子どもたちは、長靴に履き替えて地元農家のジャガイモ畑へ。スコップを片手に次々と掘り出し、バケツやかごに山積みにしていった。神戸市立福住小6年の女児(11)は7回目のツアー参加といい、「土の奥深くに埋まっている芋を見つけ出すのが難しい。篠山は大好きなカエルがたくさんいて良いところ」と充実感をのぞかせた。

 藤岡口自治会(9戸)では、一昨年からツアーを受け入れており、この日は地元の約10人が収穫指導やカレーの準備に当たった。山田良一自治会長(75)は「高齢化が進む集落なので、大勢の子どもが来てくれると元気をもらえる。長く交流を続けられるといいですね」と目を細めていた。(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ