丹波

  • 印刷
明智光秀ゆかりの旧跡や人物などを紹介する展示物がそろう情報発信コーナー=道の駅丹波おばあちゃんの里
拡大
明智光秀ゆかりの旧跡や人物などを紹介する展示物がそろう情報発信コーナー=道の駅丹波おばあちゃんの里

 道の駅丹波おばあちゃんの里(兵庫県丹波市春日町七日市)内の情報発信コーナーが20日、リニューアルオープンした。来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放映を機に、市が展示を一新。主人公の戦国武将、明智光秀ゆかりの旧跡や人物、イベントなどをPRする。

 光秀の丹波攻めに関わった城跡を紹介する合戦図、光秀と黒井城主の荻野(赤井)直正のプロフィル、2人の「等身大パネル」などが並ぶ。イラストレーター兼漫画家の中川英明さん(34)=同市=が、光秀と直正が戦った黒井城の戦いを題材に制作した漫画を掲示するほか、空撮アーティスト前田太陽さん(51)=同市=が撮影した黒井城跡の写真、黒井城跡地域活性化委員会が4月に開いたイベントの写真なども展示する。

 整備費用の予算額は約130万円で、展示期間は2021年3月末まで。午前8時半~午後6時。期間中、フードコート内のかすが観光案内所は休止し、情報発信コーナーには午前10時~午後4時、市職員が配置される。同コーナーTEL080・2548・0432

(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ