丹波

  • 印刷
ブリキのおもちゃやプレス機が並ぶ古民家で地ビールを味わえる「西町BUR」=丹波篠山市西町
拡大
ブリキのおもちゃやプレス機が並ぶ古民家で地ビールを味わえる「西町BUR」=丹波篠山市西町

 ブリキのおもちゃや大型プレス機が並ぶ古民家で、地ビールをどうぞ-。兵庫県丹波篠山市西町の「西町ブリキ玩具製作所」が27日から、日替わり店長がもてなすバル「西町BUR(ブル)」として、夜の営業を始める。昭和初期の建築という店内を改修し、市内の地ビールや缶詰、店長特製のおつまみを味わえる。

 建物では元は呉服店が営まれていたが、20年ほど前に閉店した。西町自治会が活用方法を探っていたところ、東京にある工場がプレス機の引き取り手を探しているという話を聞き、それを生かしたブリキ玩具製作所として約10年前にオープン。古民家の改修・活用に取り組むNPO法人「町なみ屋なみ研究所」が運営を担っていた。

 周辺に飲食店が少ないことから、同法人は「地元の人や観光客が集って軽く飲める店があれば」と「バル化」を企画。ブリキ加工の作業台やミシン台など味わい深い家具を、バルのテーブルとしてそのまま使う。日中はこれまで通り、ブリキ玩具の展示やプレス機を使ったミニカー作り教室を開くという。

 「BUR(ブル)」は「ブリキ」と「バル」の造語。週5日程度営業する予定で、店長は同法人メンバーや地域住民らが日替わりで務める。おつまみは缶詰を中心に、新たに設置したキッチンで自慢の逸品を調理することも。飲み物は市内に複数ある地ビールをその日ごとに提供する。ノンアルコールもある。

 店内の設計に関わった同法人の建築士新垣雄二さん(41)=神戸市=も月1回ほど店長を務める予定といい、「グリル料理でもてなし、丹波篠山のよさを紹介したい」と意気込む。

 同法人の今村俊明理事長(70)は「テーマは町工場と昭和レトロ。西町には飲める店があまりないので、カジュアルに集まれる場所になってほしい」と話していた。

 午後5~10時。不定休。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ