丹波

  • 印刷
「夫源病」について講演する石蔵文信さん=やまなみホール
拡大
「夫源病」について講演する石蔵文信さん=やまなみホール

 夫の言動が原因で妻が体調不良になる「夫源病」の提唱者で医師の石蔵文信さんの講演がこのほど、兵庫県丹波市山南町谷川のやまなみホールであった。「夫源病について~より良い夫婦関係を目指して~」と題され、約200人が耳を傾けた。要旨は次の通り。

 ここ5年ほどで、講演に来る男性が多くなった。男性社員向けの講演依頼も増えている。離婚が増加し、危機感を覚えている人が多いと感じる。過去に実施したアンケートで、夫を嫌になり始めた時期が「10年以内」の妻は約8割。離婚を「しばしば」「たまに」考える妻も、合わせて8割を超えていた。

 8年前に夫源病に関する本を出版し、女性からは絶賛されたが、男性からはブーイングが飛んできた。夫がまじめで細かいことにうるさく、妻が良妻賢母でケンカができない夫婦は、妻が夫源病になりやすい。

 仕事一筋だった男性は退職すると、地域社会でどう生活していいか分からない。結果、妻が行く場所に「わしも」と同行する「わしも族」の夫が誕生する。妻は、夫が家にいると体調不良になる「亭主在宅症候群」にかかる。定年後は週3、4回、外に出る趣味を見つけるのが理想。

 「行ってきます」「ただいま」など、保育園児でも言える言葉を言えない男性が多い。夫が妻を名前で呼ぶだけで、夫源病の予防になる。

 結婚は、悪いことばかりではない。配偶者がいると日々に刺激が生まれ、認知症のリスクが低くなるといった研究もある。夫婦で仲良く過ごす。これが長生きの秘けつにもなる。(まとめ・真鍋 愛)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ