丹波

  • 印刷
開業した「丹波篠山 旅路のブルワリー」=丹波篠山市福住
拡大
開業した「丹波篠山 旅路のブルワリー」=丹波篠山市福住

 国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されている兵庫県丹波篠山市福住地区で、明治時代前期に建てられた古民家を改修したクラフトビール醸造所「丹波篠山 旅路のブルワリー」が27日、開業した。ビールをその場で飲めるパブも併設しており、地域の人や福住を訪れた観光客らが交流できる場を目指す。

 市内各地で古民家再生を行うNOTE(ノオト、丹波篠山市)が開発した。福住地区ではホテルなどに続き4カ所目となる。今回は「旅するビール」をテーマに掲げ、福住で醸造したビールが全国に旅立ち、飲んだ人に丹波篠山の魅力を感じてもらえたらという願いを込めている。

 延べ床面積は約227平方メートルで、パブは40席。築130年以上の家屋に、木製の家具や土壁を使い、外観も町並みに沿うように仕上げた。ガラスで囲まれた醸造所には、仕込み釜1基と発酵タンク6基を設置。年間で60キロリットルの製造を目指す。

 醸造するビールは主にクラフトビールの王道といわれる4種類。そのうち「ピルスナー」には福住産の米を、「スタウト」には近隣のコーヒー店が焙煎した豆を使う。パブでは1杯864円、ハーフサイズ540円で飲める。持ち帰り用に瓶詰めした商品も8月から販売予定。

 今後は市内外の飲食店で提供するほか、瓶ビールも市内の土産物店に並ぶ。また8月15、16日に篠山城跡三の丸広場周辺で開かれるデカンショ祭などのイベントにも出店する。さらに同社が手掛けた近隣のホテル「福住宿場町ホテルNIPPONIA(ニッポニア)」では、秋ごろまでに客室1室にビールサーバーを設置予定という。

 26日に開かれたオープニングセレモニーでは、取締役の星野新治さんが「昔宿場町だった福住で、ビールを通して地域内外の人が集まる場になれば」とあいさつした。

 営業は当面土、日曜と祝日のみ。午後5時~10時。同ブルワリーTEL090・1766・8761

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ