丹波

  • 印刷
のじぎく賞を伝達された三田レッカーの北山英和さん(左)=丹波篠山市郡家、篠山署
拡大
のじぎく賞を伝達された三田レッカーの北山英和さん(左)=丹波篠山市郡家、篠山署

 交通事故で車の下敷きになった男性を救助したとして、三田レッカー(兵庫県三田市)に同県の善行賞「のじぎく賞」が贈られ、兵庫県警篠山署で1日、伝達された。レッカー車で帰社途中だった同社従業員の北山英和さん(46)=同県西脇市=がたまたま事故現場を通りかかり、とっさの判断で人命を救った。

 同署によると7月20日午後3時10分ごろ。丹波篠山市今田町東庄の県道で、路肩に駐車していた無人の軽トラックに同市内の60代女性が運転する普通乗用車が追突。前方で作業していた同市内の70代男性が軽トラックの下敷きになった。

 事故直後の現場に遭遇した北山さんは、すぐに車を止めて状況を確認。男性は顔などから出血しており意識はなかった。「車体の下から出してあげたい」との思いから、北山さんは女性に119番通報を頼み、救助作業を始めた。

 人力では男性を引き出せなかったため、乗っていたクレーン車で軽トラックの前部分を持ち上げ、隙間から男性を引っ張り出して救出。男性も程なく意識を取り戻したという。また、現場に集まっていた人の中に看護師の女性がおり、止血など応急処置を施した。男性はその後、救急搬送され、あばら骨や腕などを折る重傷だったが、一命は取り留めた。

 北山さんは男性の妻から電話で謝意を伝えられたといい、「被害者の方が助かって良かった」と笑顔。三田レッカーの森岡直弘社長(86)も「よくやってくれた」とたたえていた。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ