丹波

  • 印刷
ハーモニカの演奏を楽しむ来館者ら=丹波篠山市立中央図書館
拡大
ハーモニカの演奏を楽しむ来館者ら=丹波篠山市立中央図書館

 ハーモニカの音色が響く中、子どものはしゃぎ声や話し声で、いつもは静かな館内はワッとにぎわう。兵庫県丹波篠山市西吹の同市立中央図書館が毎月10日に開催している「図書館の日」。職員が知恵を絞った折り紙教室や絵本の読み聞かせ、ミニコンサートなど、多彩な企画が用意され、家族連れらの人気を集めている。

 市立の図書館として、子育て中の母親が気軽に訪問し、地域の人は世間話で盛り上がる。そんな特別な一日を提供しようと、同館司書の酒井早奈美さん(58)が発案し、2015年10月から毎月開催している。同市職員が市民サービス向上の取り組みを発表する「くろまめかいぜんグランプリ2016」では最優秀のグランプリに輝くなど、高く評価されている。

 水曜日の開催となった7月10日は、子ども向けの大型絵本の読み聞かせや折り紙・絵手紙教室などがあった。身にまとったエプロンの上で人形劇を行う「エプロンシアター」では「ブレーメンの音楽隊」が上演され、子どもらは食い入るように見つめていた。同市黒田の主婦(35)は「偶然訪れたけど、大きな絵本は家で読めないので新鮮でいい。声を出せる環境もうれしい」と、絵本に夢中な次女の蘭ちゃん(3)の姿に笑顔を見せた。

 市内のハーモニカグループ「ささやまハモヤンズ」に所属する男性(77)は、民謡や「野に咲く花のように」などを演奏した。「今後は地域の人が趣味などを発表できる場にもしたい」と酒井さん。「走るなど危険なことはしない」「飲食禁止」「携帯での通話禁止」。この三つのルールを守り、今度の10日は一味違う図書館を楽しんでみては。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ