丹波

  • 印刷

 超大型の台風10号の接近を受け、15、16日に篠山城跡三の丸広場(兵庫県丹波篠山市北新町)周辺で開催が予定されていた「丹波篠山デカンショ祭」のうち、15日の中止が決まった。実行委員会や市の振興会のメンバーらが来場者の安全などを考慮し、13日に判断した。16日については、午前中は中止し、夕方からのプログラムは開催予定としている。

 神戸地方気象台によると、台風10号は15日の夜遅くに兵庫県に最接近。同日は強い雨や風に見舞われる予報という。デカンショ祭はこれまで台風の影響で1992年に、また豪雨で2014年に中止されている。さらに16年は雷雨で打ち切りになった。

 中止が決まった15日は、踊りや演出などの出来栄えを競う「競演会」やヤグラを囲む「総踊り」などを予定していた。実行委によると、順延は考えていないという。

 16日の午前中は巨大な札を取り合う「デカンショかるた大会」を行う予定だった。同日夕方以降の「ジュニア競演会」や総踊り、打ち上げ花火については、台風状況を確認しながら開催を決めるという。

 中止を発表した13日、実行委などは、町中に飾った広告ちょうちんを取り外し、風で飛びそうな看板やテーブルなども屋内に撤去した。広場に組み立てたヤグラは、そのまま設置しておくという。

 実行委は「準備を進めてきたので残念。1日でも開催できれば」。酒井隆明市長は「丹波篠山市になって初の開催だが仕方が無い。16日に無事開催できるように祈るだけ」と話した。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ