丹波

  • 印刷
大会に向けて練習に打ち込む藤原伊奈瀬さん=丹波入江ボクシングジム
拡大
大会に向けて練習に打ち込む藤原伊奈瀬さん=丹波入江ボクシングジム

 兵庫県丹波市立和田小4年の藤原伊奈瀬さん(9)が、相手にパンチを当てず、寸止めで争うマスボクシングの全国大会「第1回全日本ゴールデンキッズマスボクシング大会」(24日・東京都墨田区総合体育館)に出場する。

 マスボクシングは通常、相手との距離の取り方をつかむことなどを目的に、ボクシングの練習で取り入れられている。しかし、競技人口が減る中、日本ボクシング連盟が競技の魅力を幅広い年代に普及させようと、小学1~4年を対象に、参加しやすいマスボクシングの大会を初めて企画した。

 藤原さんは、先にボクシングを始めていた兄(11)=同小6年=の影響で、1年生の時に、丹波入江ボクシングジム(丹波市青垣町沢野)に入門。週4日通い、元日本ジュニアウェルター級(現スーパライト級)2位の入江潤会長(51)から教わり、縄跳びやミット打ち、シャドーボクシングなどに励む。

 7月に関西ブロックの大会に臨み、男子選手2人に勝利した。ただ、ジムと主催者側の事務上のミスで、1階級下の試合に出場してしまっていたことが後日判明。日本ボクシング連盟が処遇を検討し、「教育的配慮」から全国大会への出場を許可した。

 東京では140センチ級で女子選手2人と戦う。「得意のワンツーで攻め、優勝目指して頑張りたい」と意気込んでいる。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 14℃
  • 0℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ