丹波

  • 印刷
愛宕祭の夜空を彩った花火=丹波市氷上町西中
拡大
愛宕祭の夜空を彩った花火=丹波市氷上町西中

 兵庫県丹波市氷上町の成松地区で約350年の歴史を誇る「愛宕祭」の花火大会が24日夜にあり、祭りの最終日を飾った。加古川から次々と打ち上がる約4千発の大輪に、約7千人(主催者発表)が見とれた。

 花火大会は1919年に始まり、今年で100年目。午後7時半、「このまちと ともに 丹波市の歌」のメロディーに合わせて始まり、訪れた人たちは、山々に反響する打ち上げ音を全身に受けながら、晩夏の夜空を見上げていた。

 友人同士で訪れた会社員の2人は「地元の人たちの愛を感じるすてきな祭りですね。来年は恋人と来たいです」と話していた。(大田将之)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ