丹波

  • 印刷
丹波篠山市東部6地区のサイクリングロード構想をPRする地域おこし協力隊の花谷和志さん=里山工房くもべ
拡大
丹波篠山市東部6地区のサイクリングロード構想をPRする地域おこし協力隊の花谷和志さん=里山工房くもべ

 兵庫県丹波篠山市東部の豊かな農村地帯をサイクリングロードとしてつなごうと、日置、後川、雲部、福住、村雲、大芋の6地区が連携を始めた。このほど「里山工房くもべ」(同市西本荘)と「SHUKUBA」(同市福住)にサイクルスタンドが設置され、県内外のサイクリストたちが早速活用している。

 6地区のまちづくり協議会などは2017年度から、「市東部6地区活性化事業推進協議会」を発足させて地域づくりに取り組む。各地区は駅やインターチェンジから遠いが、同県三田市や京都府などからサイクリストが訪れるといい、本年度、サイクリングロード専門部会を立ち上げた。

 構想は、各地区に拠点となるサイクリングステーションの設置▽飲食店や社寺、古墳、行事を示すマップの作製▽案内板の掲示-などを目指す。手始めに雲部、福住地区に置いたサイクルスタンドは、篠山産業高校生が地元の木材で手作りしたもの。3、4台の自転車を掛けることができ、里山工房くもべでは、1日十数人が使うこともあるという。

 本年度は各地区にある地域資源を発掘する。同協議会の今井進事務局長(くもべまちづくり協議会)は「東部にはインフラがないが風景や行事がある。体験型観光を地域住民と一緒に盛り上げたい」と話す。

 サイクリング構想は各地区の地域おこし協力隊も尽力。雲部担当の花谷和志さん(23)は「サイクリングロードで地区間連携を進めたい」と話していた。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 80%

  • 23℃
  • 10℃
  • 90%

  • 23℃
  • 12℃
  • 80%

  • 21℃
  • 11℃
  • 80%

お知らせ