丹波

  • 印刷
完成したクラフトビールの移動販売車=丹波篠山市福住
拡大
完成したクラフトビールの移動販売車=丹波篠山市福住

 兵庫県丹波篠山市福住でクラフトビール醸造所「丹波篠山ジグザクブルワリー」を運営する山取直樹さん(57)が同醸造所のビールを扱う移動販売車を製作した。車内には発電装置が積まれており、照明用や音響用、飲食店の電源なども引くことができるという。山取さんは「みんなが盛り上がって、幸せにビールが飲める機会を提供できたら」と意気込んでいる。

 同ブルワリーは2012年8月に開店。地元で神戸新聞販売店所長を務めていた山取さんは趣味だった地ビール飲み比べが高じ、発泡酒の製造免許を取得。醸造を始めた。今回はクラフトビールの魅力をもっと広め、外で仲間と飲む楽しさを感じてほしいという思いから、移動販売車の製作を思いついたという。

 販売車は、中国電力で使われていたIH調理をPRする車両を改装。ビールを提供するための木製の台などを手作りし、専用車に仕立てた。この夏、福住地区の公民館で開かれたお披露目会では、「黒豆ポーター」など4種類のビールを提供。市内の飲食店のブースや地元バンドの演奏などもあり、訪れた人たちは「飲みやすくてコクがある」「にぎやかで楽しい」などと、のんびりとした時間を満喫していた。

 今後は屋外イベントへの参加や、ビールを中心としたイベントの企画を目指す。山取さんは「ビールは味だけでなく、誰と飲むかなど環境も大切。販売車を使って地域とつながり、クラフトビールを届けたい」と話している。丹波篠山市遠方にオープンした「やまもりサーキット」でも営業する。ジグザクブルワリーTEL079・506・1263

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ