丹波

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県の丹波篠山、丹波の両市内で、車上狙いの被害が相次いでいる。篠山署、丹波署の調べによると、座席に荷物を置いたまま無施錠で車を離れ、財布やかばんなどを盗まれるケースが多いという。実りの秋を迎えた丹波地域では、車に鍵を掛けずに田畑に入る人も少なくないといい、両署では「『少し離れるだけ』と油断せず、必ず施錠をして」と注意を呼び掛けている。

 篠山署によると、丹波篠山市内では7月末までの7カ月間で、27件(前年同期比3件増)の車上狙いが発生。窃盗全体の約4割を占める。7月ごろからは、地域の会合などで人が集まる自治会館や公民館での被害が目立つという。交通量が多い国道372号や県道77号から、少し入った細い道とその周辺での被害も報告されている。

 同署の森江満署長は「例年、収穫期には車上狙いの被害が発生している。この時期は夕方でも外が明るく、午後5時半から午後8時半ごろに狙われるケースも多い」と指摘。同署は今後、主要幹線道路の交差点などに監視カメラを設置するよう、市に呼び掛ける方針だ。

 一方、丹波市内では7月末時点の速報値で23件と、前年同期より9件少ないが、8月1日から30日までに5件が続発した。丹波署によると図書館や市役所、郵便局など、一見安全と思われる駐車場でも、昼夜を問わず被害が起きているという。

 車上狙いに遭った約半数の車が無施錠だったといい、同署の城下弘治刑事課長は「窓ガラスは案外簡単に割れるため、鍵を掛けても油断は禁物。荷物は必ず持って車を離れて」と呼び掛ける。(綱嶋葉名、真鍋 愛)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 80%

  • 23℃
  • 10℃
  • 90%

  • 23℃
  • 12℃
  • 80%

  • 21℃
  • 11℃
  • 80%

お知らせ