丹波

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 丹波地域のサイクルツーリズム(自転車観光)の推進に向け、取り組みなどを検討する協議会(事務局・丹波県民局)がこのほど、兵庫県丹波市柏原町柏原の県柏原総合庁舎であり、モデルルート案が固まった。山、川、田園など、丹波の多彩な自然を満喫できるよう設計された約200キロ。関係機関などと最終調整し、同意が得られ次第、確定する。

 協議会は、国や県、県警、丹波篠山、丹波両市、自転車関係団体の代表者らで構成し、7月にモデルルートや走行環境の整備、情報発信などの取り組みについて検討を始めた。

 このほど開かれた第2回の協議会で、通行の危険な箇所などについて意見を交わし、微修正を経てモデルルート案をまとめた。篠山城跡や八上城跡、黒井城跡、川代渓谷、紅葉で有名な高源寺など観光スポットのそばを通るよう設計し、道中に立ち寄ってもらえるようにした。スタート地点はJR駅のほか、丹波並木道中央公園や丹波の森公苑など複数箇所を想定している。所要時間は約13時間、スタートからゴールまでに上る高さの合計「獲得標高」は1900メートルで、中・上級者向けとなっている。

 ルートの名前は「兵庫丹波チャレンジ200」となる見込み。初心者も楽しめるよう、より短い距離の「地域ルート」も来年度に検討する。

 協議会の委員を務める丹波サイクリング協会の松井崇好会長は「丹波の自然を肌で感じられ、四季折々の風景が楽しめるルートになっている」と話していた。

 自転車の活用を巡っては、環境への負荷の低減などを目的に、2017年に自転車活用推進法が施行されたことを受け、県が本年度中に「自転車活用推進計画」を策定する予定。県内8地域で協議会が開かれ、計画に盛り込むモデルルートや取り組みが検討されている。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ