丹波

  • 印刷
清酒鑑評会で優秀賞に輝いた銘柄を手にする(左から)山名酒造の山名純吾社長、鳳鳴酒造の西尾和磨社長、西山酒造場の西山裕三会長、黄桜の柳内敏靖醸造部長=丹波市柏原町柏原
拡大
清酒鑑評会で優秀賞に輝いた銘柄を手にする(左から)山名酒造の山名純吾社長、鳳鳴酒造の西尾和磨社長、西山酒造場の西山裕三会長、黄桜の柳内敏靖醸造部長=丹波市柏原町柏原

 近畿6府県で造られた清酒の出来栄えを評価する本年度の「清酒鑑評会」で、丹波地域(兵庫県)の4蔵元が優秀賞に輝いた。丹波・篠山酒造組合によると、一度に4蔵元が受賞するのは珍しいといい、関係者たちは喜びに沸いている。

 鑑評会では96蔵元が清酒162点を出品。大阪国税局の鑑定官らが審査し、62点を優秀賞に選んだ。

 丹波地域からは、吟醸酒の部で西山酒造場の「小鼓」と黄桜丹波工場の「黄桜」、燗酒用清酒の部で、山名酒造の「奥丹波」、鳳鳴酒造の「鳳鳴」、黄桜丹波工場の「黄桜」が選ばれた。

 同組合の山名純吾理事長(山名酒造社長)は「私が知る限り、4蔵元が一度に受賞するのは初めて」とし「丹波杜氏が造る酒が評価され、流れが来ているなと感じる。各蔵の努力が形となりうれしい」と声を弾ませていた。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ