丹波

  • 印刷
農地に設置した気象観測装置について、協力してもらう農家に説明する坪井俊輔社長=丹波市青垣町中佐治
農地に設置した気象観測装置について、協力してもらう農家に説明する坪井俊輔社長=丹波市青垣町中佐治

 人工衛星データを活用した農業効率化アプリの開発を進めるベンチャー企業「SAgri(サグリ)株式会社」(兵庫県丹波市氷上町常楽)が15日、市内の若手農家と協力し、実証実験を始めた。農地に気象観測装置を設置し、衛星データと地上での観測値を組み合わせることでアプリの性能向上を図る。

 同社は、土の肥え具合や作物の成長度などをパソコンやスマートフォンで管理できるアプリを開発し、地元の若手農家グループ「丹波大空の会」と連携して実用化を目指している。今回の実証実験は、経済産業省が公開している宇宙データのプラットフォーム「Tellus(テルース)」の活用促進事業に採択されており、同社が丹波市を含む全国8カ所で実施する。

丹波の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ