丹波

  • 印刷
弓を構える射手の原田勝彦さん=木津住吉神社
弓を構える射手の原田勝彦さん=木津住吉神社

 五穀豊穣を願い、イノシシやシカを描いた板に矢を放つ「弓引きの儀」が2日、兵庫県丹波篠山市今田町木津の木津住吉神社であった。氏子ら約15人が、境内でおせちなどを食べる「長堂の儀」や、シキビの葉でたたき合う「花振りの儀」など、一連の神事に参加した。

 木津地区で毎年続く、伝統行事。世話役の「当人」が用意する3枚の板には、イノシシと雌雄のシカが描かれ、矢を放った後に氏子が取り合う。板を取った氏子の家は豊作に恵まれ、獣害に遭わないと伝わる。

丹波の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 80%

  • 11℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

お知らせ