丹波

  • 印刷
「ちーたん」のラケットを使って球を打ち返す参加者ら=薬草薬樹公園
拡大
「ちーたん」のラケットを使って球を打ち返す参加者ら=薬草薬樹公園

 兵庫県丹波市山南町和田の薬草薬樹公園でこのほど、丹波竜のマスコット「ちーたん」をあしらったラケットで勝負する卓球大会が開かれた。帰省中の家族連れや入浴客らが17組が参加し、慣れないラケットを使いながら熱戦を繰り広げた。

 大会は2度目。同施設が「丹波市のご当地卓球を作ろう」と、風呂おけを使って競技する「桶ット卓球」の普及に取り組む丹波篠山市の団体「道」と協力して考案した。

 当日は、ちーたんと恐竜の着ぐるみが“始球式”を披露。続いて、親子やいとこ、夫婦でダブルスを組んだ参加者たちが、ちーたんをかたどった木製パーツとタンバリン、でんでん太鼓を組み合わせたユニークなラケットを手に、悪戦苦闘しながらボールを打ち返していた。

 いとこ同士で参加した男児(7)=加東市=は「球が当たるとうれしかった」と笑顔。卓球部に所属しているという男子生徒(13)=栃木県宇都宮市=は「普通の卓球とは全く違ったけど楽しかった」と話していた。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ