丹波

  • 印刷
前田建設が落札した「佐治地内他老朽管更新工事」の看板。事件を受け、工事は2月22日まで一時中止となっている=丹波市青垣町沢野
前田建設が落札した「佐治地内他老朽管更新工事」の看板。事件を受け、工事は2月22日まで一時中止となっている=丹波市青垣町沢野

 兵庫県丹波市発注の水道管工事を巡る入札情報漏えい事件は、同市水道部工務課主査の男(40)らの逮捕から、まもなく2週間になる。職員逮捕を受け、市は入札制度改革など、新たな対策の検討を始めたが、公共工事の公平性が崩れる事態に、市内の業者からはあきれや怒りの声が噴出しており、対応が急がれる。

 県警は1月28日、官製談合防止法違反容疑などで主査の男を、公競売入札妨害容疑で土木建設会社(同市)取締役の男(49)を逮捕した。市が2019年9月17日に執行した「佐治地内他老朽管更新工事」の入札を巡り、主査の男は設計金額など、秘密事項を漏えいした疑いが、取締役の男はその情報を基に、落札できる金額の下限「最低制限価格」と同額の5546万4千円(税抜き)で落札した疑いがもたれている。

丹波の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ