丹波

  • 印刷
丹波市内の小中学校の休校措置について話し合った市臨時教育委員会=丹波市山南町谷川
拡大
丹波市内の小中学校の休校措置について話し合った市臨時教育委員会=丹波市山南町谷川

 兵庫県の丹波篠山、丹波の各市教育委員会は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市立学校の休校措置について、対応を協議した。丹波篠山市では7日に学校を再開する一方、丹波市では10日午後から19日までを臨時休校とする方針を決めた。ただ、政府が7日に出す緊急事態宣言の内容などによっては変わる可能性があり、予定は流動的だ。

 丹波篠山市内の小中学校と養護学校は予定通り、7日に新学期を開始する。市内では6日現在、感染者が確認されておらず、通学エリアが市内に限られるため、換気や消毒などを徹底して始業式や授業を行う。

 同市教委は今後、県に緊急事態宣言が出されて具体的な指示があった場合などには随時検討を行うという。

 一方、丹波市教委は6日午後5時から臨時教育委員会を開き、市内の小中学校の始業式(7日)と入学式(小学校8日、中学校9日)は予定通り行うが、10日午後からは再び臨時休校とする方針を決めた。

 19日までの休校期間中、登校日を2日間設ける。給食は8~10日は提供される学校もあるが、業者への発注の関係で13日以降は停止し、5月の連休明けの再開とする。

 同市は7日、政府が出す緊急事態宣言を受けて対策本部会議を開く予定にしている。(金 慶順、藤森恵一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

丹波の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ