丹波

  • 印刷
「丹波篠山半額グルメ」のポスターを張った店内で弁当を手渡す店員=特産館ささやま
拡大
「丹波篠山半額グルメ」のポスターを張った店内で弁当を手渡す店員=特産館ささやま
丹波篠山牛を使ったステーキ弁当=特産館ささやま
拡大
丹波篠山牛を使ったステーキ弁当=特産館ささやま

 新型コロナウイルス感染拡大で影響を受ける兵庫県丹波篠山市内の飲食店で20日、市民が弁当やオードブルなど総額3千円以上をテークアウトで購入した際、半額を市が補助するキャンペーンが始まった。団体客の予約キャンセルや売り上げ減に苦しむ飲食店をサポートし、販売促進につなげる。

 対象は丹波篠山観光協会員、市飲食業組合員または障害福祉サービス事業所、商工会員の登録店舗。それ以外の店舗は対策会議でその都度、対応を協議する。初日は40店舗が手続きを終え、キャンペーンのポスターやのぼりを店頭に設置した。値引きはその場で行われ、補助限度額は3万円。補助を受けるには、市民と分かる身分証の提示が必要となる。

 同市黒岡の特産館ささやまでは、丹波篠山牛200グラムを使ったステーキ弁当(5千円)を販売している。同館は4~6月の団体客の予約がキャンセルとなり、売り上げが前年比7割減という。ステーキは同館の看板メニューで、館長の熊谷美鈴さんは「観光客が利用する店というイメージがあると思うので、これを機に市民の方にも食べてもらえたら」と話している。

 実施期間は7月末まで。市商工観光課TEL079・552・6907

(綱嶋葉名)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

丹波の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ