丹波

  • 印刷
丹波篠山市役所
拡大
丹波篠山市役所

 持ち帰り弁当を購入する兵庫県丹波篠山市民に、同市が費用の半額を補助する「丹波篠山半額グルメ」が大型連休中も盛況で、8日時点で補助額3500万円を超えた。市は予算を当初の500万円から10倍の5千万円まで増やし、今後もしばらく継続できるよう、設定金額や参加店舗を見直した。

 先月20日に始まり、106店が登録(8日現在)。高額弁当などを売る特定の店に注文が集まったこともあり、市は10日時点で販売総額が200万円以上となった店を11日以降は除外することを決めた。20店程度が該当する見込み。その後も200万円に達した店はその時点で外れる。

 また、これまでは利用者の購入総額3千円以上(上限6万円)が補助対象だったが、より少ない金額でも利用できるよう、11日からは2千円以上(上限1万円)に見直す。

 当初は7月末までの予定だったが、補助総額が5千万円を超えた時点で打ち切る。酒井隆明市長は「飲食店の救済になり、家族などにも利用してもらえた」と話し、新型コロナウイルス対策として今後は別の経済支援を考えていきたいという。(金 慶順)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

丹波の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ