丹波

  • 印刷
黒豆や篠山城跡など、丹波篠山らしい風物をラッピングした市バス=丹波篠山市北新町
拡大
黒豆や篠山城跡など、丹波篠山らしい風物をラッピングした市バス=丹波篠山市北新町

 兵庫県丹波篠山市が保有する2台のバスに、このほど黒大豆や篠山城跡、デカンショ祭など市を代表する風物のラッピングが施された。行事などの際に市内外を走り、丹波篠山ブランドをPRする。事業費は計約148万円。

 市バスは41人乗りと29人乗りの2台で、学校行事やイベント時の送迎などでそれぞれ年間200回前後運行している。ラッピングのデザインは市内の業者に発注。車体の前後左右4面に、篠山城大書院や城下町の風景、デカンショ祭に加え、黒大豆、丹波焼など、丹波篠山らしい特産品をちりばめている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で4、5月は運行機会がないが、市は「市内外の人に見てもらい、丹波篠山に興味を持ってもらえたら」としている。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ