丹波

  • 印刷
体中に泥を付けながら遊ぶ親子たち=丹波篠山市草ノ上
拡大
体中に泥を付けながら遊ぶ親子たち=丹波篠山市草ノ上

 兵庫県丹波篠山市草ノ上の水田で30日、家族で泥遊びをするイベントが開かれた。親子連れら約30人が参加し、水田の中をジャブジャブと歩き回ったり、泥の上に寝そべったりして、泥まみれになりながら歓声を上げ、体を動かした。

 イベントは、NPO法人たまごママネットが、泥遊びを楽しみ、自然に親しんでもらおうと、例年この時期に開催している。水田は所有者の協力を得て、田植え前に開放してもらっているという。

 浮具などが浮かべられた約6アールの水田で、子どもたちはタニシやオタマジャクシといった水田の生き物を捕まえたり、水しぶきを上げながらかけっこをしたりした。

 城南小6年の男児(11)は「初めて田んぼで泥遊びをした。最初は気持ち悪かったけど、泥を投げて遊ぶのが楽しかった」と笑顔。母親(36)は「今の子どもは田んぼに入ることがあまりないので、いい経験になったと思う」と話していた。(川村岳也)

丹波の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ