丹波

  • 印刷
丹波プロレスへの来場を呼び掛ける朝吉高さん(左)=丹波市
拡大
丹波プロレスへの来場を呼び掛ける朝吉高さん(左)=丹波市

 2人一組の社会人プロレスラーが初代チャンピオンを争うタッグマッチ「丹波プロレス~TAMBA CARNIVAL~」が21日午後1時から、兵庫県丹波市市島町上竹田の前山小学校である。プロレスを通した町おこしなどを行う「ネクサス・プロジェクト」の一環。

 「丹波プロレス」は、レスリングの熱狂的ファンの朝吉高さん(59)=丹波市=が「丹波地域にプロレスの魅力を広めたい」と、昨年始めたイベント。プロレスの試合は新型コロナウイルスの影響で中止が相次ぎ、今回の丹波プロレスが今年初試合になる選手もいるという。

 試合はトーナメント形式で、6組が出場する。優勝チームを予想して投票し、正解すると、チャンピオンとリング上で記念撮影ができる。感染拡大防止のため、選手は試合当日まで毎日検温を行い、37・5度以上の発熱がある場合は出場しない。

 試合中以外は常にマスクを着用し、握手など、接触するファンとの交流は控える。試合中、選手が場外に出る場合もあるが、リングと客席の間には十分な間隔を設けるという。

 朝さんは「今年はいろいろなお祭りが中止になったが、丹波プロレスで夏の思い出をつくって」と呼び掛けている。

 無料。来場時はマスクを着用すること。発熱などの体調不良がある場合は、来場不可。(真鍋 愛)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ