丹波

  • 印刷
黒大豆栽培を「日本農業遺産」に申請するため、市や農業関連団体による推進協議会が発足した=丹波篠山市民センター
拡大
黒大豆栽培を「日本農業遺産」に申請するため、市や農業関連団体による推進協議会が発足した=丹波篠山市民センター

 兵庫県丹波篠山市での丹波黒大豆栽培を「日本農業遺産」に申請するため、同市や市内の農業関連団体などが16日、「市農業遺産推進協議会」を発足させ、市民センター(同市黒岡)で設立総会を開いた。今月中に国へ申請書類を提出し、結果は来年2月に発表される。

 日本農業遺産は、地域で伝統的に守られてきた農林水産業を国が認定する制度で、2016年度に始まった。「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」(新潟県中越地域)や「南予の柑橘農業システム」(愛媛県南予地域)など、国内15地域が認められている。県内では「美方地域の但馬牛システム」がある。

 同協議会は市やJA丹波ささやま、県丹波農業改良普及センター、市認定農業者連絡協議会などで組織し、設立総会には約30人が出席。市は丹波黒の優良な種子を守る「選抜育種」や、江戸期に由来する「ムラが支える家族農業」を軸に据え、日本一の栽培面積や食文化、景観などをPRすると説明した。

 会長に就任した酒井隆明市長は「農業遺産に認定されることで、農業や地域の姿を未来につないでいく力にしたい」と話した。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ