丹波

  • 印刷
築約50年の民家を改修したテレワーク拠点「iso乃家」=丹波市氷上町石生
拡大
築約50年の民家を改修したテレワーク拠点「iso乃家」=丹波市氷上町石生

 テレワークやオンラインサロンを通じて、地域と都市の働き手をつなぐ拠点施設「iso乃家(いそのけ)」が、兵庫県丹波市氷上町石生にオープンした。築約50年の民家をコワーキングスペースやセミナー室に大幅改修し、宿泊も可能。「ウィズコロナ社会」の新しい仕事を応援する。(金 慶順)

 ITを生かした地域活性化に取り組むNPO法人「情報社会生活研究所」(同市)が運営。施設は木造2階建て、延べ面積約120平方メートルの民家で、数年前までシェアハウスとして利用されていた。

 1階は、和室2間をつなげて板張りにした「コワーキング・キャビン」など。机やソファがあり、好きな姿勢で作業できる。ミーティング室、昭和の香りが残るキッチン、ベッド2台のゲストルームもある。2階の「ソーシャル・デッキ」には舞台と8畳の客席があり、セミナーやワークショップを企画できる。出窓やガラス張りを多用し、見通しがよく交流しやすい構造にこだわった。

 同法人が運営するオンラインサロン「実践ローカリズム」(月額1100円)の会員は24時間自由に利用できる。一時利用は1日550円。宿泊やソーシャルデッキの利用などはそれぞれ別料金が必要。法人利用で住所登記も可。

 同法人の細見靖代表理事(53)=同市=は「丹波の人と都市部の人が交流する拠点として利用してもらい、新しい仕事やアイデアを生み出す場になれば」と話す。

 会員登録や予約は「iso乃家」のホームページから。

丹波の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ