丹波

  • 印刷
手作りマスクに挑戦する参加者ら=丹波の森公苑
拡大
手作りマスクに挑戦する参加者ら=丹波の森公苑

 兵庫県丹波市柏原町柏原の丹波の森公苑で25日、布マスクを手作りするワークショップが開かれた。親子連れらが参加し、自分好みのマスクを作っていた。

 里山工房くもべ(丹波篠山市西本荘)内でハンドメイド教室「K’sGARDEN」を開いている金崎美和さんが主催。金崎さんは子どもでも簡単に作れるように針を使わない作り方を考え、さらに内布に綿製の接触冷感生地を使って夏でも涼しい仕様にした。

 マスク作りは、まず水玉や花柄などがあしらわれた好きな布とゴムひもを選択。鼻に当たる部分にワイヤを仕込み、布を折って裁縫用接着剤で固定する。続いて、アイロンでしっかり押さえれば出来上がり。

 京都府福知山市から参加した女性(64)は「すごく簡単に作ることができた。呼吸もしやすいし、好みのマスクが作れてよかった」と笑顔。金崎さんは「子どもを持つ保護者たちから『子どもが紙マスクを嫌がる』などと聞いていた。自分が作ったマスクなら愛着が持てるのでは」と話していた。(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ