丹波

  • 印刷
動画一覧へ
製作したキックスケーターの乗り心地を確かめる生徒=篠山産業高校
拡大
製作したキックスケーターの乗り心地を確かめる生徒=篠山産業高校

 兵庫県丹波篠山市郡家の篠山産業高校機械工学科の1、3年生計76人が、キックスケーターの製作を通して、製図や製品の生産管理などについて学ぶ授業に取り組んでいる。21日は、同校内で完成したキックスケーターを使ったレースがあり、生徒が自ら製品の質を確かめた。(真鍋 愛)

 授業は、1年生が製図、3年生が課題研究の一環として取り組んでいる。製作には同科の3年生と同校機械研究部が携わり、鉄の切断や溶接、車輪の取り付けなどを手掛けた。製造業で重要な「QCD(品質、コスト、納期)」を意識するため、3年生は約2カ月、同部は約1カ月の納期も設けられ、生徒は試行錯誤しながら鉄製のキックスケーターを9台仕上げた。

 21日は予選を勝ち抜いた1、3年生計18人が決勝大会に臨み、他の生徒は動画の生配信で観戦した。レースは6人ずつ行われ、1周約40メートルのコースを2周して速さを競った。一見、内側レーンの生徒が有利に思えるが、キックスケーターは手製のため、性能差がばらばら。レース途中、溶接不良で壊れたものもあった。生徒は、思うように動かない車体に悪戦苦闘しながら地面を蹴って進み、製品の乗り心地を確かめていた。

 男子生徒(17)=3年=は「楽しくて、ためにもなる授業」と笑顔。優勝した男子生徒(17)=同=は「品質を保ちながら納期に間に合わせるのが難しい。QCDを意識できる授業で、勉強になった」と話した。

丹波の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 9℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ