丹波

  • 印刷
丹波市が設置した大型看板。黒井城跡の案内もしている=丹波市春日町黒井
拡大
丹波市が設置した大型看板。黒井城跡の案内もしている=丹波市春日町黒井

 戦国武将の明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に伴い、登場人物ゆかりの地をPRしようと、兵庫県丹波市は黒井城跡(同市春日町黒井)近くの国道175号沿いに大型看板を設けた。

 以前から設置していた同城跡の案内看板が老朽化していたため、六反田交差点そばの同じ敷地内で新調した。工事費用は約395万8千円。3面看板となっており、市内在住のイラストレーター中川英明さんが描いた、光秀や黒井城主の荻野(赤井)直正、光秀の重臣斎藤利三、その娘お福(後の春日局(かすがのつぼね))の絵が各面を飾っている。1面の大きさは高さ4メートル、幅1メートル。

 市観光課は「黒井には、光秀に関係する直正や利三、さらに春日局の歴史があることを多くの人に知ってもらうきっかけになれば」としている。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ