丹波

  • 印刷
丹波市の谷口進一市長(左)に、寄付金の目録を手渡すJA丹波ひかみの大畠良樹代表理事組合長=丹波市役所
拡大
丹波市の谷口進一市長(左)に、寄付金の目録を手渡すJA丹波ひかみの大畠良樹代表理事組合長=丹波市役所

 新型コロナウイルス感染症対策に役立ててもらうため、JA丹波ひかみ(兵庫県丹波市氷上町市辺)は28日、丹波市に200万円を贈った。

 地域貢献のため、6月15日から8月21日まで、高金利キャンペーン「地域応援定期貯金 絆」を実施し、預入総額の0・1%相当(最大200万円)を、同JAの負担で寄付した。市は6月に設立した、感染症対策の基金に積み立てる。

 同JAの大畠良樹代表理事組合長はこの日、丹波市役所を訪れ、「農業関係者に役立つよう、有効に使ってもらいたい」と、谷口進一市長に寄付金の目録を手渡した。

 谷口市長は「5、6、7月は、新型コロナによる被害が出ていた中小企業や飲食店への対策を先行させたが、徐々に農業者へも影響が及んでいる」と話し、寄付金を農業への支援に充当する考えを示した。(藤森恵一郎)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ