丹波

  • 印刷
パンフレットを作製した市人権啓発センターの職員たち=丹波市氷上町成松
拡大
パンフレットを作製した市人権啓発センターの職員たち=丹波市氷上町成松

 新型コロナウイルスの流行に伴い、感染した人や医療従事者らへの偏見や差別が全国的に問題となるなか、丹波市人権啓発センター(兵庫県丹波市氷上町成松)は、ウイルスへの正しい情報を得て行動するよう呼び掛けるパンフレットを作製した。イラストを多用した親しみやすい構成で、同センターや市の施設などで入手できる。(川村岳也)

 今回のコロナ禍では、感染拡大地域を行き来する運転手の子どもが、学校から自宅待機を要請されるなど、誤った認識によるとみられるケースが全国で発生している。

 これを受け、同センターでは「(同様の事案が)丹波市で起きてはならない」と対策を検討。同県尼崎市やたつの市で、啓発のために作成されたチラシなどを参考にして、今回のパンフレットを作ることにした。

 パンフレットはカラーのA3判の二つ折りで、日本赤十字社の資料などをもとに作製した。「STOP! コロナ差別 こころの感染を防ごう」というメッセージで始まり、取るべき行動として家族や友人に相談▽偏見やうわさに惑わされない▽偏見やうわさを拡散しない-などを挙げ、逆に取ってはいけない行動としてひとりで判断▽(偏見などを恐れて)病院に行かない-ことなどを記した。最後のページでは「立ち向かうべき相手は『人』ではなく、『ウイルス』であることを認識しましょう」と締めくくっている。

 あしらわれているカラフルなイラストは、同センターの職員が元保育士の経験も生かして描いたといい、大人はもちろん、子どもにも分かりやすく理解できるようになっている。

 同センターの前川康幸所長は「できるだけ多くの方に手に取ってもらい、エッセンシャルワーカーや感染者など、頑張っている人を差別してはいけないことを分かってもらえれば」と話していた。同センターTEL0795・82・0242

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

丹波の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ