丹波

  • 印刷
軒先に展示されたアート作品。町歩きを楽しみながら鑑賞できる=丹波篠山市河原町
拡大
軒先に展示されたアート作品。町歩きを楽しみながら鑑賞できる=丹波篠山市河原町
カラーボールで遊ぶ子どもを描いた絵画。格子戸の向こうから、親子がのぞき込む=丹波篠山市河原町
拡大
カラーボールで遊ぶ子どもを描いた絵画。格子戸の向こうから、親子がのぞき込む=丹波篠山市河原町
工業用酸素ボンベを加工して作ったヒマワリ。コロナ禍の癒やしになるよう願いを込める=丹波篠山市河原町
拡大
工業用酸素ボンベを加工して作ったヒマワリ。コロナ禍の癒やしになるよう願いを込める=丹波篠山市河原町
絵の上に座ったり寝転んだりできる展示もある=丹波篠山市河原町
拡大
絵の上に座ったり寝転んだりできる展示もある=丹波篠山市河原町

 城下町の町家を舞台に芸術と町歩きを楽しむ「丹波篠山まちなみアートフェスティバル」が、兵庫県丹波篠山市河原町などで開かれている。7回目となる今年は「3密」を避けるため、町家の軒先にも花やおもちゃなどをモチーフにしたアート作品を並べ、格子戸の外からのぞいて鑑賞する展示も。連休2日目の20日、たくさんの観光客や市民でにぎわった。(金 慶順)

 作家や地域住民らでつくる実行委員会がおおむね隔年で開催。河原町周辺の町家17軒に加え、今年は西紀、今田地区など市内全域のアトリエやカフェなど14カ所も会場とし、市内外の作家44人が出品した。

 ある妻入商家の前には文字をくりぬいたカラフルな立方体が積み重なり、軒から平仮名がつり下がる。「コトバノクニノカラオモチャノマーチ」と題され、おもちゃの兵隊が並んでいた。別の町家の軒先には、廃棄された工業用酸素ボンベを加工した黄色のヒマワリが咲いている。

 土間などを利用した屋内展示もあり、入場人数を制限しながら公開。大阪府吹田市から家族4人で訪れた女性(35)は「外から見るだけでもたくさん楽しめる。子どもたちはボールやガラスのアートを喜んでいた」と笑顔だった。

 21、22、25~27日にも開催。午前10時半~午後4時半。事務局の丹波古陶館TEL079・552・2524

丹波の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ