丹波

  • 印刷
動画一覧へ
アオサギ(奥)、ダイサギ(手前)と共に田んぼを散策するコウノトリ=丹波篠山市大山上
拡大
アオサギ(奥)、ダイサギ(手前)と共に田んぼを散策するコウノトリ=丹波篠山市大山上

 国の特別天然記念物のコウノトリが4日、兵庫県丹波篠山市大山上の田んぼに飛来した。写真愛好家らの目前でも警戒心を見せず、くちばしで盛んに泥をつついて餌探し。同じ田んぼに居合わせた2羽のサギと、“相席”での食事をのんびりと楽しんだ。

 丹波野鳥の会の梅津節雄会長によると、コウノトリと“相席”した灰色の鳥はアオサギの若鳥で、今年生まれたとみられる。

 一方、白い鳥はダイサギ。ダイサギには大陸で繁殖して冬鳥として日本に渡来する「亜種ダイサギ」と、夏に日本に渡来して繁殖する「亜種チュウダイサギ」の2種類があるが、今回の個体は亜種チュウダイサギとみられるという。

 近くに住む男性(88)は、前日の3日にも同市大山上の別の田んぼでコウノトリを見たといい、「(同市)大山宮では、栗畑からヘビをくわえて出てきたコウノトリを見た人もいると聞いた」という。

 同市大山宮では9月21日にも、国道176号を渡るコウノトリが目撃されている。(真鍋 愛)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ