丹波

  • 印刷
ドラマで半沢直樹を演じた堺雅人さん
拡大
ドラマで半沢直樹を演じた堺雅人さん
シリーズ最新作「半沢直樹 アルルカンと道化師」
拡大
シリーズ最新作「半沢直樹 アルルカンと道化師」
テレビドラマ「半沢直樹」人気の影響で好調な経済小説。その中でも最新作「アルルカンと道化師」は注目を集めている=神戸市中央区東川崎町、大垣書店ハーバーランドumie店
拡大
テレビドラマ「半沢直樹」人気の影響で好調な経済小説。その中でも最新作「アルルカンと道化師」は注目を集めている=神戸市中央区東川崎町、大垣書店ハーバーランドumie店
旧街道沿いに残る昔懐かしい町並み=2019年12月、丹波篠山市河原町
拡大
旧街道沿いに残る昔懐かしい町並み=2019年12月、丹波篠山市河原町

 銀行内外の敵と主人公が相対する人気ドラマ「半沢直樹」シリーズ(MBS系)の原作小説最新作で、半沢直樹が兵庫県丹波篠山市を訪れる場面が描かれ、同市内が静かに沸いている。物語の重要な場面のため、市民は「ぜひ丹波篠山ロケを」と盛り上がる。

 ドラマは9月末、平均視聴率34・7%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)で閉幕。池井戸潤さんの原作小説も人気で、同月に第5作「半沢直樹 アルルカンと道化師」(講談社)が発売された。舞台はドラマ第1シリーズの数カ月前、東京中央銀行大阪西支店。美術出版社の買収案件を発端に、融資課長である半沢直樹の活躍を描く。

 丹波篠山市は、ある人物の故郷として登場。訪れた半沢たちは「栗の産地」「黒枝豆。うまいぞ」などと話題にするほか、篠山口駅や歴史をほうふつとさせる町並み、300年続く酒蔵も出てくる。前シリーズでも、半沢たちが打開策を探って伊勢志摩など地方を訪れる場面があったが、丹波篠山の登場に市民は驚く。

 篠山城下町で200年以上続く酒造会社「鳳鳴酒造」(丹波篠山市呉服町)の西尾和磨代表取締役は、「人気作品に丹波篠山を取り上げてもらえるなんて、めちゃくちゃうれしい」と喜んだ。同市は国の重要伝統的建造物群保存地区である河原町などをPRしており、酒井隆明市長も「ドラマ化するならぜひロケに来てほしい」と話している。(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ