丹波

  • 印刷
新型コロナウイルスの終息を願って打ち上げられた花火=丹波市市島町中竹田
拡大
新型コロナウイルスの終息を願って打ち上げられた花火=丹波市市島町中竹田

 兵庫県丹波市市島町中竹田の竹田川河川敷で10日夜、新型コロナウイルスの流行終息などを願って、花火65発が打ち上げられた。秋の夜空をキャンバスに、赤や緑、黄色などの大輪が描かれ、川面をカラフルに照らし出した。

 打ち上げは、中竹田地区にある一宮神社で毎年開かれる「丹波竹田祭」の実行委員会が企画。同祭はコロナ禍を受けて、神輿(みこし)の巡行などが中止されていた。

 同委員会では、ウイルスの流行終息や感染者の早期回復を願うとともに、医療従事者に感謝を示そうと、花火の打ち上げを決めたという。

 花火は午後7時50分ごろから打ち上げられ始め、大きな音が会場周辺に響き渡った。初めは1発ずつ、フィナーレは数発がまとめて夜空を彩り、終了後は見守った地元住民らが盛んに拍手を送っていた。(川村岳也)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ