丹波

  • 印刷
囲碁ボールを楽しむ参加者ら=柏原住民センター
拡大
囲碁ボールを楽しむ参加者ら=柏原住民センター

 「ワールドマスターズゲームズ2021関西記念 囲碁ボール大会」が11月29日、兵庫県丹波市柏原町柏原の柏原住民センターで開かれた。地元住民を中心に、32チームの96人が参加。ほがらかな雰囲気のなかで、思い思いに競技を楽しんでいた。

 囲碁ボールは旧柏原町で1992年に考案されたスポーツ。木製のスティックで白や黒のボールを打ち、マット上に碁盤の目のように作られた49個の穴を取り合って競う。

 大会は丹波県民局が主催。参加者らはスティックでボールを打つたび、固唾(かたず)をのんでその行方を見守り、穴に入るたびに会場から歓声が上がっていた。

 家族3世代で参加した、久下小学校1年の男児(7)は「穴の中にいっぱいボールを入れられて楽しかった」と満足げ。祖父(57)=同市=は初めてプレーしたといい「ボールが思い通りに行かず難しかったが面白かった」と話していた。(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ