丹波

  • 印刷
丹波市副市長に就任する細見正敏氏
拡大
丹波市副市長に就任する細見正敏氏

 兵庫県丹波市議会は12日、臨時会本会議を開き、昨年12月5日から空席となっている副市長に、同市教育委員会元教育部長の細見正敏氏(62)を充てる市の人事案に全会一致で同意し、閉会した。細見氏の任期は15日から4年間。

 細見氏は臨時会後の取材に対し、林時彦市長がスローガンに掲げる「子どもたちに『帰ってこいよ』と言えるまちづくり」に意欲を示し、「まずは施策事業という具体的なところよりも、職員自身が自信を持って『帰ってこいよ』と言えるよう、気持ちを一つにまとめることが役どころかなと思っている」と話した。

 林市長は細見氏を起用する理由について「市職員としての行政経験が豊富で職員の信頼も厚い」と説明した。副市長の2人体制については「今後の市政運営も見ながら、必要だと思ったときには提案したい」と述べた。

 細見氏は同志社大法学部を卒業し、1981年に旧氷上町役場に入庁。同市発足後はこども園推進課長や福祉部長、教育部長などを歴任し、2019年3月に退職した。現在は会計年度任用職員として中央図書館長を務めているが、14日付で退任する。(藤森恵一郎)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ