丹波

  • 印刷

 国土交通省が23日に発表した公示地価で、兵庫県・丹波地域の平均価格は住宅地で1万9千円(前年比マイナス1・2%)、商業地で3万5200円(同マイナス0・5%)と、いずれも県内最低だった。少子高齢化による人口減少で、住宅地は23年連続、商業地は26年連続の下落となった。

 調査地点は住宅地10(丹波篠山市4、丹波市6)、商業地5(丹波篠山市2、丹波市3)の計15地点。うち13地点は前年比マイナス0・3~同4%だった。

 15地点中の最高価格は、JR篠山口駅前の商業地(丹波篠山市大沢2)の7万円。丹波市では、国道176号沿いの商業地(丹波市柏原町柏原)が最も高く、3万400円。どちらも前年同様に横ばいとなった。

 各市の平均価格は、丹波篠山市の住宅地で2万3900円(前年比マイナス0・8%)、商業地で4万9400円(同マイナス0・4%)。丹波市の住宅地で1万5800円(同マイナス1・5%)、商業地で2万5700円(同マイナス0・7%)だった。

 不動産鑑定士の三浦靖和さん(52)は「新型コロナウイルスの影響で移住者は増えたが、住宅地価格を上げるほどのインパクトはない。(東京から淡路島に本社機能を移す)パソナグループのような人口増と雇用を生む起爆剤がない限り、価格上昇は難しいだろう」と分析する。

 一方、商業地に関しては「丹波地域の古民家は、観光客を引き寄せるパワーがある。コロナ禍で減少した客足が戻れば、評価が変わる可能性はある」とする。(真鍋 愛)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ