丹波

  • 印刷
園内で咲くコバノミツバツツジ=兵庫県立丹波並木道中央公園
拡大
園内で咲くコバノミツバツツジ=兵庫県立丹波並木道中央公園

 コバノミツバツツジの濃いピンクや赤紫の花が、兵庫県の丹波各地で咲き誇り、里山の春を華やかに彩っている。

 ツツジ科の落葉低木で、本州の中部以西や四国、九州に広く分布。関東や東海地方に生えるミツバツツジより葉が小形(小葉(こば))ゆえに命名された。県内では、県天然記念物に指定されている広田神社(西宮市)の群落が名高い。

 丹波篠山市西古佐の県立丹波並木道中央公園にも、山林や遊歩道そばに木々が点在する。花は3センチほどの大きさ。葉が開く前、枝先に咲くため、木全体が花に覆われ、赤紫や薄紫に染まって見える。

 園内の「森林活動センター」近くに群落があるが、「ここの見頃はまだこれからですね。のんびり散策し、春を感じてもらえたら」とスタッフは話している。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(4月22日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ