丹波

  • 印刷
19年の優勝メニュー
拡大
19年の優勝メニュー
「全国学校給食甲子園」で優勝したメニューを提供する「喫茶ふれあい」の酒井完治さん(右)ら=丹波篠山市網掛
拡大
「全国学校給食甲子園」で優勝したメニューを提供する「喫茶ふれあい」の酒井完治さん(右)ら=丹波篠山市網掛

 学校給食日本一に輝いた兵庫県丹波篠山市の給食メニューが30日、丹南健康福祉センター(丹波篠山市網掛)内にある「喫茶ふれあい」に再び登場する。黒豆、イノシシ肉など地元食材をふんだんに使った自慢の献立。昨年は提供した40食があっという間に売り切れた。担当者は「優勝メニューをもとに若干アレンジしたい。どんな献立って? それは来てのお楽しみ」。(綱嶋葉名)

 同市の学校給食は「全国学校給食甲子園」で2019年に頂点に輝き、20年には優秀賞となるなど、知る人ぞ知る名物メニューだ。市内にある東西の学校給食センターに所属する栄養教諭5人が考案してきた。

 喫茶ふれあいでは昨年1月、日本一メニューを提供。その反響の大きさや、地元住民からの要望を受け、再びランチメニューに取り入れた。レシピは学校給食センターに依頼して取り寄せ、食材の旬に合わせて魚や野菜の種類などを一部変更して提供する。味付けも大人が楽しめるようにアレンジするという。

 調理を担当する酒井完治さん(72)は「普段から孫に給食の感想を聞いているので、調理に生かしたい」と笑顔。「給食メニューが、家庭での話題作りのきっかけになればうれしい」と話している。

 同店では新型コロナ感染防止のため、消毒や3密回避の徹底のほか、テーブルにアクリル板などを置いている。日替わりランチは650円(税込み)。40食限定。午前11時から提供する。喫茶ふれあいTEL079・590・1112

    ◇

 喫茶ふれあいでは、丹波篠山市自慢の学校給食メニューを昨年から提供し、今回で3回目となる。

 昨年1月の優勝メニューには、「給食がおいしいと子どもから聞いて」といった家族連れが舌鼓を打った。同市では定番の「ボタン汁」を目当てに、小学当時を懐かしんで訪れる人もいたという。

 今年3月には、優秀賞メニューも提供。「丹波栗と黒枝豆のにぎわいごはん」や「コリコリ干し大根の茶の香あえ」などを出した。親子で訪れた大山小4年の男児(9)は「給食が大好きだから、お母さんと一緒に食べられてうれしい」と話していた。

 5月末には新茶を使った郷土料理も準備。酒井さんは「月に一度、学校給食の人気メニューや地元食材を生かした郷土料理を提供していけたら」と話している。

【19年の優勝メニュー】

・丹波篠山黒豆ごはん

・寒ざわらのデカンショねぎソース

・ふるさと野菜のゆずマヨネーズあえ

・天内いも入り根菜ぼたん汁

・温州みかん

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ