丹波

  • 印刷
六回に安打を放つ篠山少年野球団の勝村孝純選手=三田市武庫が丘3、三田谷公園野球場
拡大
六回に安打を放つ篠山少年野球団の勝村孝純選手=三田市武庫が丘3、三田谷公園野球場
三回に先制点を取った柏原スターズの上田龍之介選手=三田市ゆりのき台1、駒ケ谷運動公園野球場
拡大
三回に先制点を取った柏原スターズの上田龍之介選手=三田市ゆりのき台1、駒ケ谷運動公園野球場

■篠山少年野球団 粘り発揮し抽選で4強へ

 特別延長九回までもつれ込んだ激戦は、篠山少年野球団が抽選で準決勝進出の切符を手にした。

 篠山は一回に2点を先制されたが、そこから粘りを見せた。七回途中まで投げた勝村孝純選手(6年)は「焦りもあったが、勝ちたいという気持ちで立て直せた」といい、以降を無失点に抑えた。勝村選手は打撃でも活躍。六回に出塁すると、相手の失策もあり1点を返した。

 同点に追いついてからは、両チーム一歩も譲らず最終回に。七回から登板した今北来明選手(6年)は「不安だったが、みんなの役に立ちたかった」と投げきった。運も味方に付け、もぎ取った勝利。今北選手は「次はチーム全体が落ち着いて試合に臨みたい」とした。(喜田美咲)

■柏原スターズ 積極攻撃でサヨナラ勝ち

 柏原スターズは四回に逆転を許すも、積極的な攻撃でサヨナラ勝ちをもぎ取った。

 三回に先制したが、四回に2点を奪われた。それでもチーム一丸となり、「最後まであきらめない」と奮起。四回に1点を返して同点に追いついた。

 投手の好投もあり、両チームが一歩も引かないまま迎えた最終回。宮本大誠捕手(6年)が二塁打を放ち、最後は上田龍之介選手(6年)がスクイズを決めた。宮本捕手は「次につなげようと、力を込めて振った」と話す。

 方山大翔主将(6年)は「バントでつなぐ野球ができた」と笑顔を見せ、「仲間を信じて全員野球で優勝し、県大会を目指したい」と決意を新たにした。(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ