丹波

  • 印刷
イチョウの青葉でつくったフクロウを手にする幼児=県立ささやまの森公園
拡大
イチョウの青葉でつくったフクロウを手にする幼児=県立ささやまの森公園
第1回「森のようちえん」で、サワガニと遊ぶ子=県立ささやまの森公園
拡大
第1回「森のようちえん」で、サワガニと遊ぶ子=県立ささやまの森公園

 森の幼稚園開園だよ!! 未就園の3歳児を中心に、自然の中で遊びながら社会性や協調性を育むプログラム「たんばささやま森のようちえん」が25日、兵庫県丹波篠山市川原の県立ささやまの森公園で始まった。市の新規事業で、第1回は7組16人の親子が園内の森を歩き回り、動植物に親しんだ。

 来年3月まで計10回開催。NPO法人生涯学習サポート兵庫(姫路市)の伊藤嘉範さん、中村愛子さんの2人が講師を務める。

 この日は絵本の朗読後、みんなで森を“探検”。ツバキの葉で草笛を作ったり、イチョウの葉でフクロウをかたどったり、シカの足跡を観察したり…。サワガニと戯れる子や木の枝に擬態したシャクトリムシを見つけた子も。女性(34)=丹波篠山市=は元気にはしゃぐわが子2人ににっこり。「集団の中で学ぶことの大切さに気付いた」と話す母親もいた。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ