丹波

  • 印刷
竹田小学校の存続を求める署名を林時彦市長(右から2人目)らに提出する前川行雄さん(左)=丹波市役所
拡大
竹田小学校の存続を求める署名を林時彦市長(右から2人目)らに提出する前川行雄さん(左)=丹波市役所

 兵庫県丹波市市島地域の小学校統合の在り方を協議する「統合準備委員会」を前に、同地域竹田地区などの有志が14日、竹田小の存続を求める署名526筆を林時彦市長らに提出した。

 同地域の小学校統合を巡っては、昨年6月から「統合検討委員会」が是非を判断するため協議。11月の第4回会合で採決の結果、賛成多数で統合する方針が決まった。ただ、5校のうち、統合する学校の組み合わせや時期などは決まっておらず、6月24日に始まる準備委で話し合う。

 同地区などの有志13人が昨年8月に立ち上げた「竹田小学校を守る会」は、検討委について「議論が不十分」とし、「市や市教育委員会からの情報も不足していた」と問題視している。

 準備委の開始に伴い、竹田小統合が既定路線になるという危機感が強まり、地区として統合反対の意思を明確にしようと、ことし5月から署名を集めた。

 林市長と片山則昭教育長に署名を提出した同会代表代理の前川行雄さん(76)は「小学校は地域コミュニティーの中心。廃校になれば、地域をますます疲弊させる」と訴えた。林市長は「(統合するかどうかは)地元の人とじっくり話して進める」と強調。ただ、「市全体で考えなければならない問題だ」とも話した。

 一方、署名活動に協力した「丹波市の教育と地域を守る会」も「スケジュールありきではなく、時間をかけて慎重に審議を」などとする要望書を提出した。(藤森恵一郎)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ