丹波

  • 印刷
目尻下がって
拡大
目尻下がって
ギロリ
拡大
ギロリ
赤く染まる
拡大
赤く染まる
ヒョットコのような内蔵=三木市本町
拡大
ヒョットコのような内蔵=三木市本町
玉置家住宅の蔵を擬人化したこゆりさんによるイラスト
拡大
玉置家住宅の蔵を擬人化したこゆりさんによるイラスト

 「壁に耳あり、障子に目あり」と申しますが。こちらの面々、壁に目もあり、口もある。まさに「蔵に顔あり」でございます。メールや会員制交流サイト(SNS)で寄せられた情報も交え、兵庫県丹波各地の顔に見える「蔵」を集めた「蔵コレクション」第2弾をお届けします。(堀井正純)

 ケラケラと目尻の下がった笑い顔。ギロリとにらんだこわもてさん。おっとビックリ、ファニーフェイス? さまざまな歴史を刻んできた蔵たちの味わいある表情に癒やされます。

 最近は全国各地で、土蔵がギャラリーやカフェに変身し、活用される例も珍しくありません。兵庫県丹波篠山市や丹波市の農村風景の中でも、蔵は存在感たっぷり。守るべき大切な財産の一つ、といえるかもしれません。その魅力にもうクラクラです。

    ◇    ◇

 同県三木市の国登録有形文化財「旧玉置家住宅」(同市本町)にも、ひょうきんな蔵たちがいるとの一報が舞い込みました。

 さっそく現地調査。いました、いました。風格ある近世・近代の民家に隣接して土蔵が三つ。二つに思わず頬が緩む顔がありました。

 内部がギャラリーの北蔵は、ちょびヒゲのあるおどけ顔。一方、内蔵は「八の字眉」のヒョットコ顔。ともに明治時代の蔵で、忘れがたい顔ゆえか、三木市出身のイラストレーターこゆりさんが、擬人化したイラストも制作しています。蔵たちが歩き回ってポーズして。そのうち、絵本にもなったりして?

 旧玉置家住宅では「古民家ウェディング」が催されたこともあるとか。2人の愛の誓いを、蔵もその目に刻んだのかな?

丹波三木
丹波の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ