丹波

  • 印刷
「プロジェクト発表会」県代表の座を懸け、研究成果を発表する生徒=春日文化ホール
拡大
「プロジェクト発表会」県代表の座を懸け、研究成果を発表する生徒=春日文化ホール

 10月に兵庫県で開かれる「日本学校農業クラブ全国大会」の競技の一つ、「プロジェクト発表会」の県代表を決める大会が22日、同県丹波市春日町黒井の春日文化ホールなどであった。県内11高校の生徒が参加し、商品開発や環境保全などに取り組んだ成果を発表した。

 全国大会は「農業高校の甲子園」と称され、全国約380の農業高校から選ばれた生徒が知識や技術を競う。10月は県内6市で競技や式典があり、丹波市ではプロジェクト発表会を開催。生徒が農産物の生産や、地域資源の活用などについて学んだ成果を報告する。

 県大会には、21グループ、約100人の生徒が参加した。生徒は写真や動画を交えながら、研究内容や今後の課題などを発表。校内で出る廃棄トマトを使ったケチャップ開発に取り組んだ、篠山産業高校(同県丹波篠山市)3年の女子生徒(18)は「研究成果を他校の人にも知ってもらえてうれしかった」と話した。

 県代表は7月27日に公表。代表グループは8月の近畿大会に臨む。(真鍋 愛)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ