丹波

  • 印刷
火災現場に、スコップやヘルメットなどの資材を運ぶ市職員ら=丹波篠山市山内町
拡大
火災現場に、スコップやヘルメットなどの資材を運ぶ市職員ら=丹波篠山市山内町

 兵庫県丹波篠山市山内町で起きた大規模火災の被災者らに支援の輪が広がっている。27日には市役所本庁舎で、義援金や生活支援物資の受け付けをスタート。市民から衣類やタオル、電子レンジ、扇風機などが寄せられ、義援金は同日までに、52件458万2390円が集まった。

 市旅館組合からは布団セット、市飲食業組合からは、食器や調理具の提供の申し出があった。

 また現場近くにあるスーパー「フレッシュバザール篠山店」を運営する株式会社さとう(本部・京都府福知山市)は、被災した8世帯への見舞金として、各世帯に1万円分の「さとうグループ商品券」をこの日、市へ届けた。

 市役所に近い飲食店「ツバメ食堂」は、希望する被災者向けに、8月末まで夕食用の弁当を無償提供する。1日15食限定で、午後3時までに予約を受け付ける。店主は「飲食業もコロナ禍で大変だが、家がなくなったわけではない。何か少しでも手助けできればと思った。まずは食べるのが第一」と話している。

 一方、火災現場では、市職員が、焼け跡からの掘り起こしなどに使うスコップやじょれん、一輪車などの資材を運び込んだ。自宅の一部が焼け残った被災者が、片付けに汗を流す姿もあった。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ